みやぎのお米TOP > 知る > 私たち、2020年みやぎライシーレディです

宮城米キャンペーンキャラクターのみやぎライシーレディは県内外の各地で開催される食関連のイベントに参加し、
宮城米の配布や炊きたてのごはんの試食などを行って、宮城米のおいしさをPRしています。

プロフィール

佐藤 優奈
佐藤 優奈

佐藤 優奈
YUNA SATO

美味しいお米を食べて健康に!
健康を左右する食事、毎日取り入れるものだからこそ
自分のお気に入りを見つけて、いいお米ライフを送って欲しいです。

吉川 優姫 YUUKI YOSHIKAWA

自分の中にあるキニナルを追求し、消費者にとってタメニナル、「宮城の事+1」の情報を、お米とともに発信していきたいです。

宮城生まれ宮城育ちで、ずっと宮城県のお米を食べて育ってきました。
当たり前のように食べていたこの美味しさを全国の方々にも知ってもらいたい、
宮城米を多くの人に身近な存在になって欲しいと思い、応募しました。

宮城米を、宮城だけにとどまらず、県外や日本以外の国の方々にも知っていだだき、
毎日の食事を幸福感の高いものにしてもらいたいです。
宮城米を通して宮城の魅力も発信し、宮城を好きになってもらえるようにPRしていきたいです。

好きな銘柄は「ひとめぼれ」です。
昔からずっと食べてきたひとめぼれ。お米だけで食べるのが、一番ひとめぼれの旨味を感じられます。
粘り、ツヤ、うまみのバランスがいいので大好きなおかずと合わせてたくさん食べて欲しいです。
兼田 朔良
兼田 朔良

兼田 朔良
SAKURA KANETA

幼い頃、田植えや稲刈りなどの行事を通してお米と関わる
機会があり、その経験を生かし、宮城の農家の方の気持ちも背負って
全国の皆さんに宮城米の魅力をPRしていきたいです!

募集の時期に大学生活の半分が過ぎようとしており、
この貴重な学生生活の中でなにか新たなことに挑戦して成し遂げたいと思い、応募させていただきました。
また、生まれ育った大好きな宮城県に貢献できるような活動をするのがひそかな夢でした。

若者の米離れが深刻化している現在。
老若男女さまざまな方に、宮城のお米を食べてみんな健康になっていただきたいです。
そして、宮城米には種類があるということと、それぞれのお米を場面や目的によって食べ分ける楽しみがあること、この2つを知っていただけたら嬉しいです。

好きな銘柄は「だて正夢」です。
他のお米よりも粒が小さく甘くて上品な味わいです。
私は、なるべくお米本来の味を味わいたいので、漬物やお味噌汁などと一緒に食べるのが好きです。
炊飯器を開けた瞬間や、お茶碗から口へ運ぶときのお米の匂いを感じたりなど、五感を使って宮城米を楽しんでほしいです。
橘内 友里
橘内 友里

橘内 友里
YURI KITSUNAI

宮城米ファンの一員として、全国の皆様に
米どころ宮城で作られた美味しいお米をお届けしてまいります。

学生生活が最後の一年となり、
何か地元に恩返しできる活動がしたいと思い、応募しました。

生産者の方々の「想い」をお伝えし、全国に宮城米のファンを増やすことです。
「どんな想いが込められているのか」を知ることで、お米はより一層美味しくなります。
全国の方々に宮城米を手に取っていただけるきっかけになれるよう、
自分の言葉で、宮城米の魅力をお伝えしてまいります。

好きな銘柄は「金のいぶき」です。
理由はそれまで思っていた「玄米は炊飯が大変…」というイメージとまるで違っていたからです。白米と同じように簡単に炊くことができ、もっちりプチプチの食感がクセになりました。オススメの食べ方は、白米・雑穀と混ぜて炊くことです。大きな胚芽のプチプチとした食感がアクセントとなり、美味しく手軽に、栄養たっぷりのご飯をいただけます。
Copyright © 2017 MIYAGI Prefecture. All right reserved.